ViViに初登場の頃の関ジャニ

本日2つ目。

昨年末買ったViViが良かった話を未だに書いてなかったので。

それを書こうと思ってるんですが。。。。。。。

スマホの場合、読みにくい簡易ページで表示されることがあります。ここをタップしていただくと読みやすく表示されます!よろしくお願いします。はるはるまん。

その前に、ViViっていつからエイトを取り上げてくれてたっけ??と思って遡ってみたら。

2013年の5月あたりのViViが初登場でした。

上ハモ下ハモとか、1799cm1645cmとか、ツッコミボケ等の対談を最初から企画してくれる、ヲタ心をくすぐるヤツで。

覚えてる方もたくさんいるのでは?

記憶に新しい梅佳代写真もViViですしね。

その、2013年5月に発売されたViViより。

今日はヒナちゃんの誕生日だから。

そのツッコミボケからいきましょうか。

バラエティでもライブでも、期待を裏切らないトーク力で楽しませてくれる彼らだが、その要になっているのがツッコミの村上とボケの横山だ。渋谷はボケもツッコミも自在、即興のギャグなら丸山。天然キャラでメンバーからいじられる安田、ボケ役を振られた後あたふたするが、横山の振り間違いを指摘したり、ときに反撃に出る錦戸、鋭い観察力でメンバーの痛いところをボソっと突く大倉と、笑いのアンサンブルも多彩。

笑いのアンサンブルも多彩

って!

うん、いいっすね。

本当にこの人達の、そういうところが魅力的。

1人1人の組み合わせが全部違って、色んな顔を持つし。

いまは昔ほど横はボケなくなったし。

というよりたまに、横がヒナにつっこんだりもしていますが。

やっぱりこの2人は、私にとっては特別です笑

ただ、並んでいるところを見るだけで、なんとなくにやけちゃう笑

主観的客観的

関ジャニでメインボーカルを張る2人だが、ライブでのパフォーマンスはどこか対象的。

感情を激しく歌にぶつける渋谷に対し、常に冷静に全体を見つめる錦戸。丸山は始終ふざけまくり、横山は1人だけ振り間違えたりと突っ込みどころ満載で、村上は会場を煽りながら率先してバカになる。ファンが熱狂するツボを心得ていて、上手にアピールするのが大倉、安田は笑顔とギタープレイのギャップ萌えも!

あああ。

すばるのヘルメット頭の頃か

と、この髪型を見ると思いますが。

信じられます?あの頃ライブでニコリともしなかったすばるが!

今や流し目しまくっている事実を笑

いろいろあって今があって。

きっとこれからもいろいろあって変わっていく事だってあるよね。

でも、ライブでの彼らが常に7人で楽しそうであってくれさえしたら、何もいらない。

1799cm1645cm

いい意味でのガチャガチャ感やデコボコ感があることも、関ジャニを賑やかに見せる一因だ。

たとえば身長は、1番高い大倉が1799cm、1番低い安田が1645cm、渋谷が166cmたまに公称175cmと書いてあることも、錦戸と村上がほぼ170cm測る時間によって誤差が出るらしい、丸山が175cm、横山176cm。

平均身長1715cmは、ほぼ日本の成人男子の平均と同じ。

みんなの平均は日本の平均なのに。

凹凸があるのがエイトで。

私はそんな、揃ってない感が大好きで。

だからこの記事も嬉しかったんだよね!

あとジャニーズでも身長を偽らない事wwも、小さい事や大きい事をネタに出来る事もこの人達が好きな面!

下ハモ上ハモ

ドラマや映画、CMやバラエティでも活躍する彼らだが、関ジャニがそのグループ力を発揮するのは何といっても音楽。

とくにライブは、情熱的なバンド演奏、細やかなコーラスワーク、フォーメーションの多彩なダンスなど、見所が満載だ。

メインォーカルは渋谷と錦戸で、バンドではギターを担当する安田が高音のハモり上ハモ、ベース担当の丸山とドラムの大倉が低音のハモり下ハモを担当することが多い。

ねぇねぇ。

これ数年振りに読んで改めて思ったけれど。

ViViの編集部に絶対エイターいるよね?笑

このすばらしいテキストったら!笑

他の組み合わせもあるんだけど!

本日はここまで!

ViViネタはまだつづく!