YZF-R125

4ストレーサーを走らせるのに必要と考えられる計器類、まずは油温計でしょう。

先日YZF-R125のオイル交換をしたときに色と見てみましたが、ドレンボルトからは油温計は引けなそうです。

ホンダ車のようなボルトにしてくれれば良いのですが

(英語版)サービスマニュアルをみても油温計を接続できそうなボルトは見当たりません。

YZF-R125はインジェクションなのでECUで制御してる?ならば、温度センサーの配線がどこかにあるはず!

学生時代にもう少し英語の勉強をしておけば良かった

YZF-R125は水冷式エンジンなので油温と同じくしっかり管理しておきたいところ。

ラジエターからのホースを切断して画像のアタッチメントで接続すれば水温計は繋げます。

油温計に水温計、欲を言えばA/Fメーター、できれば外気温も見たい。ラップタイムもストロークも。それらを一気に集計してBluetoothで飛ばしてスマホに表示できてしまうという機器があるらしいです!

YZF-R125に接続できるかどうかはまだわかりませんが、可能であればメーター周りがスッキリしそうです

その前に英語の勉強ですね

現状、油温も水温もわかりませんがYZF-R125に慣れる事が最重要課題!

14日はテルル桶川スポーツランドに行ってきます

広告を非表示にする