良いじゃがいもって何じゃい?旬の今だから考えてみる。

わんばんこ、いらしてくださりありがとさん

東京都八王子めじろ台出汁の和食居酒屋こころ味あじなお店主ダシ!

新じゃがを今食べるべきダシ、ってことはこちらに書きました。

現在、巷には食材が溢れ、それらの素性も色。

じゃがいもって昔は品種は男爵とメイクィーンだけってイメージでしたが、、、

実際種類は100種以上ある。

キタアカリやインカのめざめなど最近有名なのもある。

逆にトヨシロコナフブキのようにシェアが10以上もあるのに無名なものもある。

前者は収穫後の糖化が遅いため焦げずらいので、ポテトチップスの原材料として使用される。

後者はその名の通り、片栗粉に加工されるダシ。

形を変えているので気付かないダシな〜。

ちなみに国内産のじゃがいもであれば遺伝子組み換え作物の心配はないダシ。

さて、表題に戻りましょう。

良いじゃがいもってなんじゃい?ってことダシ。

まずは自分の好みのじゃがいもを知ることからダシ。

じゃがいも料理やじゃがいも製品で自分が好きなものは何かな〜?

ってアプローチでも良いし、

ホクホクしたのが好きなのか、ねっとりしたのが好きなのかー?

ってアプローチでも良いし、

焼くのが好きか、揚げるのが好きか、煮るのが好きかってアプローチでも良いダシ。

じゃがいもを食べる時、何を自分が一番大事にするのかってことが大事だと考えるダシ。

ちなみにワシの場合、

料理の形とか調理法より先に、じゃがいもの素性を大事にするダシ。

まず、日本国内生産物。

そして、無農薬栽培。化学肥料不使用栽培。

できれば動物性堆肥不使用の有機栽培。

理想は無肥料栽培ダシ。

この辺のことも今度書くねー

情報が多い時代ゆえ本質をまず見るダシ。

まずは自分の体を思いやる気持ちを大切にしたいから。

自分の体を思いやれないと人様の体を思いやることはできないと考えるから。

飲食店経営者としての最低限のマナーだとワシは思ってる。

だから当店八王子出汁の和食居酒屋こころ味あじなおでは消費者の健康に配慮した国内生産者の生産物を使用するし、そんな生産者の応援をしているんダシ。

できれば知っている方、顔の見えるお付き合いの農家さんが良いねー。

きちんと話ができる関係であれば、気持ちまでいただけるから倍おいしいダシ

その上でー、ワシはホクホクしたのが好きダシー!

甘味の強いのが好きだしー!

ビールにはコロッケー!

日本酒には肉じゃがー!

ってな、

好き勝手言って幸せに暮らすんダシ。

最後はおっさんのわがまま全開だったダシなー(笑)

でもな、

自分が何を大切にして暮らしているのかということを、自覚しながら生きること、

これは大事ダシよ。

つまりは自分自身をまず知ることダシな。

そうしないと自分自身を愛せないダシ。

最後は説教みたくなっちゃったダシなー。

では、まったねー