ダウン症のある青年ジュンゴの素顔を拝見して

まあろんたら、そのうち、、試練かもしれません

学校で、まあろんのことを交流クラスの皆んなや、支援級の皆んな、先生にビデオを見せながら説明する会があるそうです

その会までに、生まれたときからの写真や、原稿を用意しなくてはならないのですが。。

お子さん達にも分かるように説明

何よりまあろんに、あなたはこうなのよ

と、皆んなの前で知らせなくてはならない

という会でもあったりします

これまで、漏れ聞いてるとは思いますが、まあろんは、7歳前にしてこのことをどう受け止めるのでしょうこの会は、支援級主催。交流級では当然このような会はなく、まあろんなど支援級の子達のみに与えられたもので、交流や周りのお子さんに、まあろんの人となり(7年弱の人となりですが)を知ってもらおうという企画のようです

交流のお友達などから、まあろんについての質問も受けるとか。かあちゃんなかなかハードな1日となりそお

このための準備は入念に、かつ先輩たちに事前に下調べをしながら行っていきます

今の学校まあろんはお引越し組で、周りにお友達なく、クラスや支援級でもはじめての子に囲まれ、本人も周りもやっと慣れ始めたところ

まあ最近は、それなりにお友達とも交流し、それなりの立ち位置も築いてきたところでしょう。

支援級という状況もやっと消化した感があります大人の事情があることまではね

さて、この会をママがうまいこと、取り持てるかどうかのところでもあります。ふぃ

読者さんのブログから、このリブログを拝見しましたとても、分かりやすい文面。私の伝えたい気持ちとても近いと思い、勝手にリブログさせていただきました人リブログのリブログで、失礼しまつた

もしかしたら、将来まあろんが、持つであろう気持ち、習性

まあろんの身に起こるやもしれない状況

今のまあろんからは聞けない、ダウン症児としてのまあろんの立場

みたいな漠然としたものを、活字で鮮明に見せて戴いたのかなと思います!

もちろんまあろんの話ではないので、大枠ですが、

まあろんも

ゴハン大好きなんですよ

今まで、先輩方のお話、先輩方のブログ、なかなか素直に、真っ直ぐに受け止めれませんでした。

なかなか、なかなか

子供の未来って、決まってる訳じゃないと思うんだけど。

なんか、この障がいを得たことで、なんか、、、将来までもが決まってしまうような、変な気持ちなり、見れない

なので、避けてきたのかもしれません。

知らず知らず

でもこのジュンゴさんのブログは、お母さまの素敵な文面で綴られ、自分の中にストンと落ちついてくれました

もしかしたら、ようやく心がついてきてくれたのかも。今まで心を置いてきた感もあり

なんとなく、将来のまあろんを明るい気持ちで見ることができました。

ジュンゴさん、ママさん、そして有香さん、ママさん、ありがとうございます

ランキング参加してます。

にほんブログ村

人気ブログランキング